2017年4月20日、新しいサロンのトレンドが華々しくデビューします。

その名も、Maison DECORTE(メゾン・デコルテ)。

銀座松坂屋の跡地に建設されるGINZA SIX(ギンザ・シックス)の地下1階の一角にそのサロンがお目見えです。


住所:
東京都中央区銀座6−10−1 GINZA SIX

Maison DECORTE

銀座の新しい顔、ギンザ・シックス

オフィス併設のこのギンザ・シックス、1階から5階まではファッションフロア、6階に本屋にカフェ、13階にレストランとラウンジが出店され、地下3階には多目的ホール、能楽堂まであるから新しい。

さらにオープン時のメインエントランスには、現在引っ張りだこのアーティスト、赤い水玉でお馴染みの草間彌生のアートが並びます。

六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、渋谷ヒカリエなどの他の新しい施設とは一線を画すようにジャパニーズらしさを取り入れたこの施設の地下1階、資生堂やディオール、シャネルなど国内外を席巻するそうそうたる顔ぶれのコスメブースやサロンを潜り抜け、奥へ奥へと進んでいくと、お目当てのサロン、Maison DECORTEが出現します。

最高級カウンセリング一体型のサロン、Maison DECORTE

花開く一人ひとりのエレガンスを追及する、というイメージコンセプトのコスメ・デコルテブランドが満を持して作り上げたコスメ・カウンセリング一体型のトリートメントサロン。

コスメブランドだけあって、フェイシャルのコースが充実しています。

そしてこのサロンの一番の特徴はそのトリートメントルームにあります。

自然の恵みがテーマ、「六感美容」の空間

サロンのテーマは「六感美容」

肌の悩みに応じてオーダーメイドでアレンジする施術コースを「五感」だとするならば、その次の第六感は「空間」

空間コンセプトは「The Face of Nature」。自然の恵みからヒントを得たオランダのデザイナー、マイセル・ワンダー氏が、3つのトリートメントルームを作り上げました。

  1. Calm(カーム):静けさを意味するカームという名前。「水」をイメージして、水面のゆらめきや水鏡のきらめきが表現されている静かな空間。
  2. Frozen(フローズン):クリスタルピンクを連想させる柔らかい色合いの空間。永遠の美しさを求めるルームです。
  3. Shield(シールド):太陽の柔らかく暖かい光だけを取り入れた雰囲気の空間。木漏れ日のような光が差し込む中でリラクゼーションを追及しています。

最先端の最高級クリームでオーダーメイドトリートメント

そして、このサロンの一番の売りはやはりオーダーメイドトリートメント。

カウンセリングを最初に行い、体や肌の体調に応じてコースをオーダーメイドできるほか、コスメデコルテの最高峰クリームであり、最先端の現代皮膚科学の知恵を結集させた「AQ ミリオリティ インテンシブ クリーム」を丸々1本、贅沢に使います。

このクリーム、なんとお値段、45グラムで12万円。

サロンのその他の施術内容は、フェイシャル、ボディ。それぞれ、目的に合わせて時間やコースを選ぶことができます。お値段は20,000円から。

欧米先行発売、「DECORTE」日本初上陸

また、コスメ・カウンセリング一体型のこのサロン、「女性たちに美の勲章を」というコンセプトで発売されている「コスメデコルテ」ブランド商品の販売も行っています。

2016年に北米で先行発売されている「DECORTE」ブランドのスキンケア商品はここでしか買えません。

お目当てはAQ ミリオリティ インテンシブ クリーム?

海外デザイナーが手掛けた空間演出が前面にアピールされていますが、やはりお目当てはこの「AQ ミリオリティ インテンシブ クリーム」でしょう。

AQ ミリオリティ インテンシブ クリーム

これを全身に使ったときの効果は、およそ予想がつきません。

コスメブランド発の最高級サロンですから、フェイシャルを始めとしたスキンケアが強みのサロンと言えそうです。

ブライダルコースもありますので、ご予定の方は是非足を運んで最先端のスキンケアクリームで準備を始めてみてはいかがでしょうか。

事前予約は3月31日(金)から始まっています。

<関連記事>
脱毛サロンの全て

医療脱毛の全て

脱毛リフィア - 本当は脱毛したいのにしない男女へ送る具体的な提案



再訪問する際は「脱毛リフィア」で検索