本格的に脱毛をしようと考えた時、慎重な人だと副作用やトラブルについて心配する人もいるかと思います。

そこで、この記事では、脱毛をするにあたって発生する可能性のある問題についてまとめました。

ツインテ

副作用とか超こわい

笑顔

まぁまぁ、そんなに頻繁に起こるものではないから、どのようなものか知っておけばほとんど回避できるよ

脱毛における副作用とトラブル

炎症

炎症

脱毛に用いられる光やレーザーは刺激が強いため、敏感肌の方や肌荒れを起こしている時に施術を行うと炎症を引き起こすことがあります。

それを防ぐために、肌がデリケートになりやすい生理前後や、なんらかの心理的ストレスで肌が荒れている時は施術を避けるのが安全です。

自分の肌質がよく分からないという方は、確実な判断を下すためにもサロンやクリニックの無料カウンセリングに行って肌質をチェックしてもらうのが良いでしょう。

敏感肌やアトピーの人は特に肌の状態をしっかりと確認してもらい、施術を受けても問題がないかをまず最初に見極めてもらいましょう。

やけど

やけど

やけどは主に、日焼けやシミ、ほくろといった皮膚上のメラニン色素が原因で引き起こされます。

現在主流とされているレーザー脱毛や光脱毛は、毛や毛根に含まれる黒いメラニン色素に反応し、照準を合わせて照射を行っていきます。

そのため、皮膚上にシミやほくろといった別のメラニン色素があると、脱毛器が必要以上に反応して軽度のやけどを起こしてしまう可能性があります。

しかし、日焼けの場合は真っ黒に焼けていない限り施術を断られることはほとんどありません。

メラニン色素が強く、黒々としているほどやけどのリスクは高まるため、シミもうっすらとしたものであれば問題ないでしょう。

一方、ほくろに関しては黒味が強いものが多いため、その部分は避けて施術を行う必要があります(サロンやクリニックでは、ほくろの部分にシールを貼ってもらえます)。

硬毛化

硬毛化

脱毛施術を受けたにも関わらず、施術前よりも毛が太くなることを硬毛化といいます。

ごく稀に起こるとされている現象ですが、そのメカニズムははっきりとは解明されていません。

しかし、現在では

「レーザーや光の熱量が弱く、脱毛を促すまでに至らず逆に毛細胞を活性化させてしまうのではないか」

という説が有力とされています。

これは、硬毛化が細い毛に起こりやすいという特徴があるためです。

前述の通り、レーザーや光は毛に含まれるメラニン色素に反応します。

そのため、メラニン色素の薄い細い毛に対しては、十分な熱量を集中させることが難しいのです。

そうして、微弱な熱量が細い毛の細胞に伝わって活性化することで、以前よりも太い毛が生えるようになったと感じるのです。

姫

なるほど、よく分からん

ウインク

毛が薄い部分は、照射が逆効果になってしまう可能性もあるということね

こうした事態を防ぐためには、毛が薄い部分に関してはメラニン色素に依存しない脱毛方法を選ぶか、あらかじめ施術の追加に割引のあるプランにするのが良いでしょう。

メラニン色素に依存しない脱毛方法としては、ニードル脱毛があげられます。

ただ、ニードル脱毛は少し古い脱毛方法で、痛みが激しいためほとんどの人が継続できずに挫折してしまいます。

なので、日焼けしてる肌にも照射可能でバルジ領域を破壊する「メディオスターNeXT」を採用してるクリニックで施術するのがよいでしょう。

万が一硬毛化が起こってしまった際にも、太く黒く成長した毛であれば通常と同じように照射を受け、十分な脱毛効果が期待できます。

そうして再度施術を受けることで硬毛化を解決することができますが、追加料金がお高いと二の足を踏んでしまうものです。

そのため、あらかじめ追加施術が無料であったり、格安で受けられる場所を選ぶのがおすすめです。

毛嚢炎

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)とは、小さくポツポツとした炎症で、見た目はニキビに似ています。

脱毛施術後のデリケートな状態の毛穴に雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまうことであらわれます。

見た目はニキビにそっくりですが、炎症が強い場合は痛みを伴い、傷跡が残りやすくなってしまいます。

毛嚢炎を防ぐためには、施術後にしっかりとお肌をいたわってあげることが大切です。

サロンやクリニックでは、もちろんアフターケアまで指導してもらえるので、その指示を守っていれば基本的には大丈夫です。

また、帰宅後も普段以上にお手入れに気を配り、肌を清潔に保つよう心がけましょう。

打ち漏れ

打ち漏れ

脱毛施術において、時々見られるのが打ち漏れ(照射漏れ)です。

施術は毛穴1つ1つに脱毛を促すことで行われていくため、照射を漏らしてしまうことがあります。

ただ、施術は厳しい研修を受けたプロの手によって行われるので、そうそう起こり得るものではありません。

しかし、家庭用脱毛器などを購入して自分で脱毛する場合は注意が必要です。

埋没毛

埋没毛

埋没毛とは、その名の通り毛が毛穴の奥に埋まってしまう症状です。

通常は、カミソリやシェーバーを用いた自己処理を行っていると起こります。

埋没毛を解消するためには、毛が伸びてもう肌表面に突出するまで待つしかありません。

また、埋没毛によって炎症を起こしている場合はまず肌荒れを治すことに専念しましょう。

汗が増える?

汗が増える?

稀に、脱毛施術によって汗をかく量が増えたと感じる場合があります。

これは、脱毛によって、今まで毛にからみついていた汗が流れ出るためで、実際に汗をかく量が増えたわけではありません。

また、汗が毛にからみスムーズに発汗されないと、ムレやニオイの原因となってしまいます。

一時的に汗の量が増えた気がして驚いてしまうかも知れませんが、それが無駄毛のない場合の正常な汗の量ですので、制汗剤等を用いて対策するようにしましょう。

内臓への影響はある?

内臓への影響

脱毛施術は肌表面だけではなく、体の内側にまで影響が出ることがあります。

しかし、それはレーザーやフラッシュが直接内臓に悪影響を及ぼしているわけではありません。

自然な脱毛と違い、美容脱毛というのは人工的に行うものなので、肌にとっては自然の状態では起こりえない大きな刺激となります。

そのため、脳がその刺激を危険信号と認識して、体調を崩したり、気分が悪くなってしまうことがあるのです。

こうした症状は、もともと体の調子が好調でなかった時に施術を受けることであらわれます。

なので、

  • 施術日に体調を崩してしまった
  • 指定の期間内に薬を飲まざるを得なかった

という場合で、かつ、不安な気持ちが強い場合などは、通っているサロンやクリニックに連絡して予約日を変更してもらいましょう。

体調が万全の時に施術を受けることで、そうしたリスクを回避できますし本来の脱毛効果を得ることができます。

皮膚がんになるの?

皮膚がん?

皮膚がんの原因となるのは、紫外線という私たちにとって非常に馴染み深い波長の光です。

脱毛で採用されている光はこの紫外線ではありませんので、脱毛施術によって皮膚がんのリスクが高まるということはありません。

しかし、どうしても心配という方はサロンで行われている光脱毛ではなく、クリニックで行われている医療レーザー脱毛を選ぶのがおすすめです。

医療用に開発された脱毛器ですので、健康被害の心配がなく、不安な点に関しては医療従事者のスタッフや専任の皮膚科医にいつでも相談することができます。

まとめ

まとめ

この記事では、脱毛の際に発生する可能性のあるトラブル・副作用について伝えましたが、

現在の脱毛技術においてはそこまで心配しなくてもかまいません。

今回伝えたのは「あくまでもそういう可能性もゼロではない」という内容です。

また、肌の質というのは言うまでもなく個人差がありますので、不安なことがあるならば、一人で悩んでいても解決しないので専門家に相談するのが最も安心で確実な回答を得られます。

友達や家族の意見を聞いてみたり、ネットで検索を続けるのも一つの方法ですが、やはり、実際に足を運んでプロに相談するのが一番です。

現在、全国展開していて施術実績が多いサロンやクリニックはたくさんあります。

初診(カウンセリング)は無料で行っているところがほとんどなので、実際にプロにあなたの肌を見せて確認してもらうのが確実です。

おすすめの脱毛サロンランキング ≫

おすすめの医療脱毛クリニックランキング ≫


    ★部位別のリアリティ溢れる脱毛体験まとめ

  1. 全身脱毛
  2. 脇脱毛
  3. VIO脱毛
  4. 足脱毛
  5. 腕脱毛
  6. 背中脱毛
  7. 顔脱毛
  8. 髭脱毛(メンズ)

脱毛リフィア - 本当は脱毛したいのにしない男女へ送る具体的な提案



再訪問する際は「脱毛リフィア」で検索