サロンや医療機関での脱毛はお金が掛かるので、自然と成人が利用するイメージを持ってしまいがちです。

しかし、

  • 中学生
  • 高校生

といった年頃の時期こそ、

「周りの目が気になる」
「ムダ毛が目立つようになった」

等の理由で、脱毛したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

ツインテ

バスケ部とか特につらい

ムギワラ

何より性行為の時がね

笑顔

いきなり下ネタぶっこむなや

未成年が脱毛

最近では1,000円以下でできるような格安な脱毛サロン・クリニックも出てきており、10代の方でも手を出しやすくなっています。

ただし、未成年が脱毛サロンやクリニックに通うには、いくつかの条件を満たす必要があります。

その条件とは一体何なのか、注意点も含めてご説明していきたいと思います。

未成年が脱毛サロン or 医療脱毛に通うには?

普通

ママお願い!思春期の繊細さを理解して!

メイド

お母さんも一緒に巻き込んで脱毛しよう

未成年が脱毛サロンやクリニックに通うためには、多くの場合で下記3つの条件のうち、どれかを満たす必要があります。

未成年者の年齢によっても条件が変わることもありますが、多くは3条件のどれかに当てはまります。

  1. 親の同伴
  2. 親の同意書
  3. 親の同意書+電話確認

このように、未成年者の脱毛には親の同意が必要となります。

親の同伴

脱毛は健康に関わる重大な施術なので、同意無しで施術を行うようなサロンやクリニックは逆に危険と言えます。

万が一、同意無しで施術が行えるようなサロンがあったとしても、絶対に契約しないようにしましょう。

各脱毛サロン、医療脱毛ごとの未成年が通える基準

未成年者が脱毛施術を受ける場合の条件は、サロンやクリニックごとに異なります。

代表的なサロン・クリニックでは、以下のような条件となっています。

未成年は特に日焼けに注意

部活動

未成年、特に中学生や高校生においては体育の授業や部活動があるため、日に焼ける機会が多い傾向にあります。

また、友達や彼氏と海に行くようなイベント時も、20代に比べると10代は日焼け対策が甘い人が多いでしょう。

水着

実は、脱毛に使用されるフラッシュやレーザーの光は黒い色素に反応する性質があり、肌が日焼けしていると痛みが増したり、やけどをしてしまったりというリスクが高くなります。

さらに、日焼けの場合は脱毛施術そのものを断られてしまうこともあります。

脱毛を考えているならば、肌を露出しないようにする等、日焼け対策をしっかり行うことが大切です。

ウインク

さっさと脱毛して安心感を手に入れよう

日焼けしててもOKな脱毛クリニックとは?

おすすめの脱毛サロンランキング ≫

おすすめの医療脱毛クリニックランキング ≫


    ▼属性・シーン別の脱毛

  1. 主婦の脱毛
  2. 未成年の脱毛(←今この記事)
  3. 結婚式のための脱毛
  4. コスプレイヤーの脱毛
  5. タトゥーした箇所の脱毛

    ★部位別のリアリティ溢れる脱毛体験まとめ

  1. 全身脱毛
  2. 脇脱毛
  3. VIO脱毛
  4. 足脱毛
  5. 腕脱毛
  6. 背中脱毛
  7. 顔脱毛
  8. 髭脱毛(メンズ)

脱毛リフィア - 本当は脱毛したいのにしない男女へ送る具体的な提案



再訪問する際は「脱毛リフィア」で検索